犬猿の仲

仲が悪い例えとしてよく犬と猿が挙げられます。
しかし、犬と猿が特別仲が悪いというわけではなく、
性質の違う動物が突然出会えば、お互いに警戒・威嚇をするのは
当然といえば当然のことです。
本当は仲が悪いからケンカをするのではなく、
知らない相手だからケンカをする・・小さい頃から一緒に育てると
特に警戒心を持たず仲良く遊ぶことが多いそうです。
英語では"like cat and dog"、つまり「犬と猫」で表現します。
b0092707_7234742.jpg

by msanchan | 2009-01-10 06:00 | 動物
<< 厚化粧 シネマの灯 >>