鬼は外

秋田県の「男鹿温泉郷」は、征夷大将軍・坂上田村麿が東征の際、
この地に湯の湧くのを発見し兵を休めたことに由来するそうです。
江戸時代の「温泉番付」では、「小鹿嶋」の名で「東の小結」に
上げられた程の名湯でした。
その「男鹿温泉郷」の入口に立つ鬼が・・
折からの雪と寒風に晒されて、お気の毒でした。
b0092707_742290.jpg

by msanchan | 2009-02-02 06:00 | 彫像
<< 立ち寄り湯 白川郷 >>