石川島灯台

「佃島」は元々、隅田川の河口に自然に出来た寄洲でした。
徳川家康が幕府を江戸に置く時、本能寺の変で世話になった、
摂津国佃村(現在の大阪市西淀川区)の漁民約30名を江戸に呼び寄せ、
その後、隅田川河口の三角洲を埋め立てて「石川島」を作り、
漁民達が移り住んだと言われています。
かつては、その地のシンボルとして見上げられた「石川島灯台」も・・
今では、高層マンションに見下ろされて・・
b0092707_731146.jpg

by msanchan | 2009-02-19 06:00 | 風景
<< ツボ治療 不思議な標語 >>