ネムの花火

『昔々、下界に舞い降りた天女が、あまりの暑さに身に付けて
いた羽衣をこの木に枝に掛けたそうな。やがて天国に帰る時に
掛けて置いた羽衣を手に取ると、ネムの白い花が羽衣と同じ色
に染まったそうな。それ以来、全部の枝の花が淡いピンク色の
花を付けるようになったとか…』
子供の頃、こんな「羽衣の木」という昔話を聞きながら
ネムったものでした。
b0092707_5594630.jpg

by msanchan | 2009-05-26 06:00 |
<< 陳情団 真夏日 >>