朱鷺は時々・・

1835年、オランダ人によって発表された「朱鷺」は、学名を
「Nipponia nippon」と呼びます。当時はアジア大陸の東部、中国、日本、朝鮮などに広く生息していて、学会に発表された標本が日本産であったため、「nippon」という名が付いたそうです。
現在は、絶滅に瀕した鳥とされ、国際保護鳥に指定されています。

日本では、1998年、中国から友好の証として一対の朱鷺を借り受けて大切に保護・繁殖に務めてきましたが・・
最近は出産ラッシュで、100羽を越えたそうです。
b0092707_663813.jpg

by msanchan | 2006-07-18 06:14 | 彫像
<< 今時の絵馬 石の上にも・・ >>