風見鶏

最近は「場の空気が読めない人」を「KYの人」というそうです。
かつての大物政治家で「風見鶏」と評された方がいましたが・・
彼は、揺れ動く政局の風向きをじっくりと読んで、
巧みに流れを泳ぎきったと云われています。
もしかすると、その頭の上に乗った、他の「ハト派の風見鶏」が
「場の空気」を読んで、伝えていたのかも・・?
b0092707_7583510.jpg

by msanchan | 2007-12-02 06:00 | 街角
<< 不漁 重油漏れ >>