赤い靴

♪赤い靴履〜いてた〜 女の子〜♪
誰もが知っている童謡「赤い靴」、大正10年「野口雨情」が作詞
翌大正11年に「本居長世」が作曲したものです。
女の子の名は「岩崎きみ」さん。
明治35年7月15日、静岡市清水宮加三で生まれ、
いろいろな家庭の事情から、アメリカ人宣教師夫妻の養女となり、
アメリカに渡りました。明治40年のことだそうです。
b0092707_547468.jpg

by msanchan | 2008-06-07 06:00 | 彫像
<< 叱られた 大歌舞伎 >>