モネを真似

クロード・モネは「光の画家」と云われ、19世紀中頃〜20世紀前半にかけて、印象派を代表するフランスの画家として、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求しました。
モネの代名詞ともなっているのが、有名な『睡蓮』の連作ですが
これはジヴェルニーの自宅の庭にある「睡蓮の池」をモチーフに、描かれたモノです。
b0092707_6524743.jpg

by msanchan | 2008-08-04 06:00 | 風景
<< ライトオン スーパーモデル >>