離乳食

母乳やミルクを飲んで育ってきた赤ん坊は、生後5〜6ヶ月頃から
必要な栄養を食べ物から摂るべき時がきます。
はじめは流動食から半固形食へ、そして色々な味・舌触りの
食べ物を経験しながら、栄養分やエネルギー補給をします。
又、咀嚼による機能発達や食習慣の確率など
「人間としての発育」に離乳食の果たす役割は、とても重要です。
とかく「人間としての発育」に問題の多い最近の若者達を見ると
この「離乳期の対応」は、ないがしろに出来ないのでは・・?
b0092707_612762.jpg

by msanchan | 2008-11-12 06:00 | 彫像
<< 立ち読み 落ちた絵馬 >>