立ち読み

所謂、終戦前に生まれた年代の方々なら誰もが知っている筈です。
日本全国の、特に、小学校の校庭に立っていた「二宮尊徳像」
通称・二宮金次郎(1787年〜1856年)は小田原市栢山に生れ、
「向学、勤勉、貯蓄」のモデルのような一生を送って
地域づくり、財政再建の専門家・報徳運動の元祖として有名です。
まあ、今時なら、こんな姿で本屋で「立ち読み」をしていたら
却って、顰蹙をかいそうですが・・?
b0092707_7162416.jpg

by msanchan | 2008-11-13 06:00 | 彫像
<< ぶちかまし 離乳食 >>