カテゴリ:建物( 5 )

世界遺産

世界文化遺産に登録されている白川郷の合掌造り
その歴史は江戸時代中期以降と考えられています。
屋根に用いられている茅は、30年に一度の割合で
葺き替える作業は、村人総出であたり、相当な経費
負担になるそうです。
b0092707_6562137.jpg

by msanchan | 2008-09-14 06:00 | 建物

防音装置

昔のように「向こう三軒両隣」といわれるような
ご近所付き合いが見られなくなった現代社会では
逆に「ゴミ屋敷」や「騒音」などの近隣トラブルが、
度々報道されるようになりました。
・・すごく嘆かわしい風潮ですね。
まあ、ここまで神経質に神経を使うのも如何なモノか?
とは思いますが・・でも、この配慮?は立派です!
b0092707_5464032.jpg

by msanchan | 2008-08-20 06:00 | 建物

石の回廊

ここは、カンボジアのアンコールワットです。
長年にわたる戦乱と老朽化で、存続の危機が叫ばれています。
日本からも、修復協力のスタッフが派遣されていました。
内部をぐるりと囲む「石の廊下」もかなり傷んでいました。
うまく「老化」を防ぐことが出来るのか?・・心配です。
b0092707_5482316.jpg

by msanchan | 2008-07-02 06:00 | 建物

心のキズ

先日のニュースで知りましたが・・
日本の女子短大生6人が、イタリアのフィレンツェで、
世界遺産に登録されている大聖堂の壁に落書きをする
という恥知らずな事をやってしまったそうです。
これはもう、単に「若者の未熟さ」というより、
日本国民の「文化的なレベルの低さ」と云われても
仕方ありませんね・・嗚呼!
b0092707_6282510.jpg

by msanchan | 2008-06-26 06:00 | 建物

五重塔

宮大工の伝統技術で造られる建築美・・見事ですね!
インド〜中国〜朝鮮〜日本へと伝えられ、独特の楼閣建築として
完成された「木造五重塔」です。
中国では、所謂「五階建て」が多いそうですが、
日本の五重塔の内部は、上層の棟を支えるための複雑な木組みが
なされていて、登ることが出来ないモノが多いのだそうです。
外側のリフォームより、内側のリフォームの方が大変なんですね。
b0092707_748235.jpg

by msanchan | 2008-06-21 06:00 | 建物