カテゴリ:彫像( 253 )

まだ三宅坂

もう20年程前ですが・・
ダイエットと成人病の予防策としてジョギングに嵌りました。
当時は、世の中あげての第三次ジョギングブームで、
特に「皇居一周」はマニア特選コースとして人気がありました。
九段方面からスタートして三宅坂に差しかかる頃になると、
決まったように喉が乾いてきたものですが・・
丁度その辺りにある「水飲み場」は断水状態?で・・
左側のお堀の水が恨めしかったモノです。
b0092707_6513981.jpg

by msanchan | 2009-03-14 06:00 | 彫像

春を待つ

東京では、「サクラ」の開花は靖国神社の標準木を観察して
宣言されますが・・「梅」の場合はよく分かりません。
もしかすると、この「実直そうな監視人さん」が
じっと観察して「梅の開花」を知らせてくれるのかも・・?
b0092707_6334621.jpg

by msanchan | 2009-03-13 06:00 | 彫像

少子化

「少子化」という深刻な問題を抱える、今の日本・・
10年後、20年後はどうなってしまうのでしょうね?
そんな人間社会の現状を知ってか・・?知らずか・・?
少子化の大波は「家畜社会」にも押し寄せているようです。
b0092707_755727.jpg

by msanchan | 2009-03-12 06:00 | 彫像

紫外線

私が“若者”だった頃・・半世紀も前になりますか?
「高気圧ガール」なんていう広告コピーが一世を風靡して、
こんがりきつね色の肌がもてはやされたモノでした。
その後、時代の変遷と共に「紫外線→シミ・そばかす→発ガン
→老化促進」等々「アンチ紫外線」の風潮が進んで・・
今や「UVカット」は初歩中の初歩として浸透しています。
さて、この先この風潮はどんな変化を見せるのか・・?
b0092707_744894.jpg

by msanchan | 2009-03-03 06:00 | 彫像

首地蔵 koneta

意外なことに、「首地蔵」と呼ばれるお地蔵様は、
全国各地に祀られているようですね。
そして、概ね「首から上の病や悩みに対してご利益がある」
と伝えられ、信じられているようです。
私も、もっと早く気が付いてお詣りしていたら・・
でも、お地蔵様としても、ご利益の結果に「首」が懸かって
いる訳ですから、頭を悩ませているのでは・・?
b0092707_721765.jpg

by msanchan | 2009-02-27 06:00 | 彫像

たこの八ッつぁん

所謂、古典落語の登場人物ベストスリーと云えば・・
「クマさん・八ッつぁん・ご隠居さん」ではないでしょうか?
その職業は、ネタによって違うようですが、
概ね「大工」「魚屋」等々が連想されます。
ある時はおっちょこちょいだったり、ある時は怒りっぽかったり
どこか、性格的に癖があるけど憎めないキャラのようです。
一方、公園でボランティア活動に励む「たこの八ッつぁん」・・
此方も、なかなか憎めない性格のお方のようです。
b0092707_628395.jpg

by msanchan | 2009-02-16 06:00 | 彫像

小柄なゴジラ

野球ファンの大きな期待を背負って大リーグ入りをした松井選手
両膝の手術後のリハビリも順調なようで・・
今年こそ、あの豪快なバッティングを見せて貰えそうですね。
その後、続々と大リーグ入りした日本人選手の数も増えて、
ゴジラのニュース頻度が少なくなったような気がしますが・・
「ゴジラの逆襲」が待ち遠しい、今日この頃です。
b0092707_654599.jpg

by msanchan | 2009-02-14 06:00 | 彫像

真珠王

今や、世界の有名ブランドショップが建ち並ぶ銀座通りで、
変わらぬ風格を感じさせる「ミキモト本店」のビル・・
その正面の壁には、創設者である真珠王「御木本幸吉氏」の
レリーフが飾られています。
日本が誇る世界の真珠王の眼には、変わりゆく銀座の姿が
どのように映っているのでしょうか・・?
b0092707_6595318.jpg

by msanchan | 2009-02-09 06:00 | 彫像

立ち寄り湯

最近は、東京近郊の「立ち寄り湯」の人気が高まって、
特にバスツアーなどがブームになっているとか・・
なかには「メタボ解消ツアー」等というのもあるのかも・・?
まあ、一日、いい空気を吸って・・ゆっくりとお湯に使って・・
美味しいものを食べて、のんびり過ごせたら・・
却って太ってしまうかも知れませんが・・?
b0092707_733475.jpg

by msanchan | 2009-02-03 06:00 | 彫像

鬼は外

秋田県の「男鹿温泉郷」は、征夷大将軍・坂上田村麿が東征の際、
この地に湯の湧くのを発見し兵を休めたことに由来するそうです。
江戸時代の「温泉番付」では、「小鹿嶋」の名で「東の小結」に
上げられた程の名湯でした。
その「男鹿温泉郷」の入口に立つ鬼が・・
折からの雪と寒風に晒されて、お気の毒でした。
b0092707_742290.jpg

by msanchan | 2009-02-02 06:00 | 彫像