2007年 01月 20日 ( 1 )

ニアミス

中国南部・インドシナ半島南部等に分布する「飛行機草」は
その、頂小葉が飛行機の翼のような形をしている為に
別名「コウモリホオズキハギ」と呼ばれるそうです。
こうして見ると「群れて跳ぶ蝶々」のようにも見えますが
何故か衝突しない特殊なセンサーが装備されているようで
実に摩訶不思議な飛行物体?です。
b0092707_655597.jpg

by msanchan | 2007-01-20 06:55